結婚から何年経っても相手に対する敬意は重要

ニュース

2018年12月11日
すれちがいを減らせば結婚生活も長続きするを更新しました。
2018年12月11日
型にはめると夫婦生活は息苦しくなるを更新しました。
2018年12月11日
独身時代の考え方を引きずる人は注意を更新しました。
2018年12月11日
行き過ぎたこだわりはトラブルの元を更新しました。

当たり前の言葉ほどきちんと言葉に出す習慣をつける

結婚生活に憧れを持っている方は多いと思いますが、実際にはそれは甘く楽しいだけではないものです。苦しいことや辛いことも含めて全ての生活を共にしていくことになるわけですから、いつでも幸せではいられないという現実があります。しかし、世の中には『結婚生活をうまくこなしている人』が一定数いて、そういた方達はほとんどの時間を幸せに楽しく暮らしているのです。反対に、どうしても結婚生活がうまくいかない人というのも当然存在しているのです。そんな方達の特徴とは、どんなことが挙げられるのでしょうか。
まず言えることは、相手への敬意がない場合の関係性はうまくいきにくいということです。敬意を払うものは性格でも収入でも良いと思うのですが、それに対する尊敬する気持ちや大切にしたい気持ちが薄れてしまうと結婚生活がうまくいかなくなってきます。『男性が働いて稼いでくるのは当たり前』『何で〇〇してくれないの?』という考えでいる方は、そう言った態度が表に出てしまいます。敬意を払われないと人は相手を大切にしたいとは思いません。そうして作られた溝がだんだんと大きくなり、修復不可能になってしまうこともあるのです。
また、相手の努力や思いやりを『当たり前のもの』と思ってしまっている方も、結婚生活がうまくいきにくい傾向にあります。『ありがとう』『すごいね』など感謝や労いの言葉を口にすることで、関係が上手くいくということも多いものです。

結婚生活がうまくいかない人はこんなタイプ

人柄もよくて容姿も申し分ないのに、なぜか結婚生活がうまくいかない人がいます。
とはいえ、結婚生活には向き不向きがあると思われますので、そんなうまくいかない人の特徴をご紹介します。
結婚生活がうまくいかない代表的な例は、やはり若気のいたりで電撃結婚のパターンではないでしょうか。
意気投合して盛り上がって最初は楽しいものの、やはり勢いや好奇心で結婚できてしまう人は、単調な生活の積み重ねである結婚には少し飽きてしまう傾向があります。
また、結婚してから相手の本性がわかるということもよくあることです。そうした場合、予想より性格が噛み合わなくなって生活が息苦しく感じ、離婚に至るケースが目立ちます。
また、男性の場合は、明るく奔放な女性が好きで結婚したものの、結婚後も変わらず自由に過ごされると、少しは「嫁らしく」してほしいと型にはまることを要求することもあります。
当然性格を変えることは難しいため、女性も無理をして要求にこたえようとすると、ストレスが溜まり結婚生活がうまくいかなくなります。
このように、自由な性格の男女は、相手の思う夫婦像や、世間の思う夫婦像とのギャップに苦しんだり、好奇心旺盛で決断力があるタイプは、結婚生活に見切りをつけるのが早かったり、という理由から結婚生活がうまくいかない人かと思われます。
もしも離婚に話が発展する場合には、納得できる離婚ができるよう弁護士に相談すると良いでしょう。
そんな時はこのようなサイトを活用してみてください。
離婚弁護士相談リンク

注目コンテンツ